先生の紹介

◎神澤先生

 

野外保育森の子にて、環境教育とシュタイナー教育を実践後、

平成21年に保護者とともに「ひなたぼっこ」を立ち上げる。

シュタイナー幼児教育者。

 

 

◎先生よりひとこと

若い時はバックパッカーでいろんな国を旅していました。

ワーキングホリデーでベビーシッターをしたことを機に保育に目覚め、

20年前にシュタイナーの思想に出会ってからというもの、人間学に目覚め無意識の領域や潜在意識、脳科学にはまっています。

里山の自然に守られ日々成長していく子どもの姿に立ちあい、生命の神秘を感じることがこの上ない喜びです。

シュタイナー幼稚園、自宅での幼児教室、野外保育森の子での保育経験を生かして、様々なシーンにおける親子の育ちを応援していきたいと思っています。

◎酒井先生

 

野外保育森の子で保育に携わり、神澤先生とともに

 「ひなたぼっこ」立ち上げに参加。

 

 

 

◎先生よりひとこと

 自分の子育てが一段落した頃に、ふとしたきっかけで近所の保育園で仕事をさせていただき、子どもの世界をもっと深く知りたいと思うようになりました。

 シュタイナーの勉強会や野外保育森の子にも関わらせていただいた中で、幼児期に子どもたちが自然から受け取るものには、生きていく上で大切なものがいっぱい詰まっていると確信しました。

 そして、ひなたぼっこの誕生以来ずっと、多くの子どもたちと共にこの里山で過ごしてきました。ひなたぼっこの保育は、私の子ども時代そのもの。手足を思う存分使っての遊びや手仕事が中心で、形のないものから想像力と工夫で何かを作り上げる。本当にワクワクの連続です。

 里山の豊かな自然のように、毎日変わらずにそこに在り、子どもたち一人一人の心に寄り添いながら一緒に楽しみ、感動する…そんな保育者でありたいと思っています。

◎よしえ先生

 

平成21年開園時に娘が年少で入園。共同運営のもと平成22年・23年おひさまたんけん隊スタッフを経験。再び平成27年よりおひさまたんけん隊スタッフの一人としてひなたぼっこに関わりながら、平成28年度より保育にも参加。

 

◎先生よりひとこと
 ひなたぼっこで過ごした3年間で、親子共々ひなたぼっこの仲間が大好きになりました。娘が卒園した園の継続を守るお手伝いがしたくて、代理保育スタッフとして、また小学生の活動の部のスタッフの一員として家族のように関わってきました。
 一人一人の子ども時代、そしてかけがえのない親子の時間を大切に思っています。これからもこの恵まれた里山の自然とともに、そこに集う大人と子どもの、ありのままの姿丸ごとを受けとめて一緒に成長していきたいです。

◎ひろこ先生

 

京都で保育士として働いていた時にシュタイナー教育に出会い、大阪のシュタイナー養成学校に入学。在学中よりひなたぼっこの保育に参加。

 

 

◎先生よりひとこと

 高校生の頃に、ふとしたきっかけで松井るり子さんの『わたしのまわりは美しい~14歳までのシュタイナー教育~』を読み、黒板絵や授業内容に感動して ‘こんなふうに教育を受けたかったなぁ’ と心底思いました。

 その後この思いは眠ったままだったのですが、京都での保育士時代にシュタイナーの身体芸術であるオイリュトミーに出会い、オイリュトミストの先生が語るシュタイナーの話に、自分が感覚として感じていた様々なことの謎解き、答え合わせをしてもらっているようで、また惹かれていきました。
 7歳までのこども達の傍らにいて、『世界は善である』の環境をつくるひとりの人間であるよう、愛と自分自身の自我と、何よりも喜びをもって過ごしたいと思います。
 また、里山の自然の中で、毎日のささいな変化や美しさを楽しんでいきたいです。
 山登りとヨガ、そして図書館にいくことをこよなく愛しています。

外部講師の方々

◎川崎さん

 鳥や生物の生態調査員・ツリークライミングインストラクター・アファンの森財団講師

 ・ひなたぼっこの森の広場と散歩道の整備及び環境の安全確認、フィールドづくり、

   動物や鳥の観察をしながらの散歩などをお願いしています。 

◎松場さん

 乗鞍高原山岳ガイド

 安曇野保育園にて幼児を対象にした自然体験プログラムの専任講師

 子供から大人までを対象にした 自然体験教室やまたみ のガイドとして活躍

 ・ネイチャーゲームを通して森の動植物への関心と興味を広げてもらう他、

  様々な自然体験プログラムを保育に取り入れる方法などを教えてもらいます

◎地域の方々もひなたぼっこの先生です

   *こんにゃく作り

   *田植え・稲刈り  

    を毎年教えていただいています。子ども達からも大人気の優しい先生方です!