ひなたぼっこの1日

活動のバランスを子どもの呼吸に合わせ、

1日の生活をリズムあるものにすることを重視しています。

静と動の繰り返しのリズム) 

9:00~9:20 登園

 

保護者と一緒に手をつなぎながら、園までの道を毎日歩きます。

おたまじゃくしを探したり、タンポポを摘んだり…

ひなたぼっこ周辺の四季の移り変わりを日々感じながら登園します。

10:00まで 室内遊びとおやつ作り

 

登園後、みんな思い思いに遊びます。

女の子たちは布を巻いておひめさまになったり…

机やいすを組み合わせておうちもできちゃいます。

10:00 片付け、朝の会

 

先生にお名前を呼ばれたお友達は、元気に返事をして手をあげます。

 

そのあと季節の歌を歌ったり、手遊びをします。


10:30 おやつ

 

ひなたぼっこのおやつはほとんどが手作り。

素材の味を生かしたからだにやさしいおやつです。

子ども達もお手伝いします。

 

写真は、きびだんごといちご。


10:45 お散歩、外遊び

 

ひなたぼっこは雨が降っても毎日お散歩に行きます。

里山の自然の中の木や草たち、虫たちが、いろいろな姿を見せてくれます。

12:15ごろ お昼ごはん

 

たくさん遊んだあとのごはんはおいしいね。

 

ひなたぼっこでは月曜日が調理

火・水・木がお弁当

金曜日はおにぎり弁当です。

 

13:00~ 午後の活動

 

外で思いっきり遊んだあとは、室内で過ごします。

写真はぬらし絵のようす。

 

室内での活動には、ほかにみつろう粘土や、クレヨン画、おそうじ、わらべ歌あそびなどもあります。

 

13:45 お帰りの会

 

帰りの支度を済ませたら、お話を聞きます。

 

14:00 降園

 

玄関まで保護者がお迎えに行きます。


明日も元気いっぱいの笑顔で登園しようね。

毎日・・・読み聞かせ、歌・手遊び、お散歩かお砂場、随時畑仕事をしています。